看護師求人サイトを運営しています。そんな私が日々の生活を書いてく場所がエキサイトブログです。

by dectoocth3

竹森はるか遠く

もしこの本を読んだことのない日本人がいるならば、一度は読むべき本だ。
ちなみに米国の歴史の教科書には、この本のタイトルと内容が明確に記述されている。日本の教科書にも載せるべき内容である。

ヲイラの場合、母方の祖父さんから、直接、話を聞けた最後の世代であるので、あまり遠くの時代だとは思っていない。
静岡34連隊として中国戦線で戦った後、異動して、旧満州の兵隊として働いていた祖父さんは、終戦間際のとき、沖縄特攻に出かける海軍将校の兄に呼ばれて、静岡の平野に戻っていた。その後、満州に戻るために、敦賀の港から出港。そして今で言う北朝鮮の清津の港についたときに、狂ったように船に乗り込んでくる日本人から、敗戦したことを知らされる。
『ついに死ぬ時がきた』終戦後、何十年か経って、その言葉を発した祖父さんの顔は忘れられないな
朝鮮半島についた祖父さんは満州に戻るために、徒歩で北上を開始する。
途中、女性に乱暴しようとしていた朝鮮人を殺して、三八式を奪い、その後何人も朝鮮人を殺し、日本人を救出しながら、満州に向かったようだ。その途中、何ヶ月か自分が所属していた大阪の連隊の人達に会い、皆が逃げているのになぜ満州に向かうんだと上官に言われたそうだが、満州に行くと祖父さんが言い張るもんだから、手足を縛られて拘束されたそうだ。そしてその大阪の連隊の人達と鉄道に乗り、翌日には港から出港。出港してから初めて拘束を解かれたそうだが、船からソ連兵や飛行機が飛んできていたのが見えたようだ。シベリア抑留の一歩手前の、危機一髪の状態であったと思うよ。そしてもしソ連兵に捕まっていれば、今のヲイラは存在しないわけで・・・・・
人とは、なんとも紙一重で生きているんだな。

その後、警察官になった祖父さんは、ヲイラが25歳になるまで元気だったので、そういう話まで聞けたのだが。

この時期になると、沖縄戦や原爆などのTV番組とか よくやるけど、終戦後の半島のヒドイ状況は あんまり取り上げないよな
本当は、日本から南北朝鮮に対して、請求権があるのにも関わらず。
日本の歴史については、もっと近代史をマトモに取り上げるべきだな。
[PR]
# by dectoocth3 | 2013-08-23 21:58

空母型護衛艦

今日、最初、2chで見てた時、ネトウヨのデマだと思ってた。
しかし地上波の夕方のニュースでやってた。
マジですか?
マジです!
久々に目を疑いました。

F-35のB型(←世界で唯一、垂直離着陸できるステルス機)を買うんですか!
米国が売ってくれるんですか?最新機を!
しかも日程が出てるってことは、既に米国と実際に交渉が進んでるっぽいし・・・・ワラワラ

(事実上の空母に転用できる)大型の24DDHは既に着手しているけど、F35のB型のっけたら、フツーの空母じゃん。これにオスプレーのっけたら、大型の強襲揚陸艦だし。そもそも24DDHが帝国海軍の大型正規空母や大型弩級戦艦と同じサイズなんですが・・・・・汗
だからそもそも護衛艦でも弩級なんですけど。何か問題でも?って感じだった。

しかしホルホルしてないで冷静に考えてみると、米国の意図と自衛隊の意図は明確ではなかろうか

日本を守る自衛隊としては、そもそも米軍のように100機以上を空母に積むことは無駄。空母艦載機の購入費で1兆円、空母本体で3000億、そして訓練など年間の維持費が1兆円と、正規空母1隻で日本の国防費の半額以上がぶっとぶ。さらに常に空母を展開するには、3セット必要なので、お金が3倍かかります。だから空母に飛行機を積んで、朝鮮半島や中国に攻め込むのは、かなり難しい。

ではなぜF35Bを買うのかというと、明らかに離島防衛のための局地戦用である。
おそらく8機小隊レベルの運用で、艦隊防空、偵察、爆撃、任務に用いる程度だろう。さらにヘリポートでも離着陸できるので、離島にも容易に配備・展開ができるという利点がある。だから局地戦用としては最適。ちなみに尖閣諸島の島にも配備できるよ。自衛隊の大型ヘリで、ヘリポート自身を釣って持ち運べるし。

さらに米軍の意図としては、自衛隊に東アジアの米軍任務を代替させようということであろう。今でもそうだが、米軍の最新鋭の潜水艦や空母などの整備は、日本で行っている。例えば潜水艦の消磁など、米国でもできない最新技術なので、わざわざ横須賀に持ってきて行われているほどだ。米国のF15も自衛隊が魔改造して、F22に匹敵させてしまうし、F16も魔改造して準ステルス機にしちゃうし。そこで米海兵隊に導入され始めるF35Bの整備&バグ取りを日本にさせるんだろうな。それの恩賞として自衛隊に納入だろうな。
さて残りは自衛隊がオスプレーさえ導入すれば、海軍、空軍、海兵隊の装備の互換性や共同作業が完璧にできる。だから自衛隊に任務をやらせて、アジアに展開する米軍を減らそうって魂胆だろうな。キットさ。

忘れてたが、自衛隊のF15JやF2の最新対空ミサイルは、F35の格納庫に入らないのだったよな。また独自開発するのかな?それとも米軍の当たらないサイドワインダーとスパローでも搭載するのかな?

それにも何より、F35のパイロットって、空自?海自?
実は海自もP3Cなど、飛行機やヘリの要員が半数近い。だからパイロットの育成や爆撃はできるけど、空戦ノウハウはないよな?じゃぁ空自なのかな?
でも空自に任せても、海自の船に乗っけるから、運用面で空自と海自がもめることは間違いないよな。しかもよりにもよって、空自と海自だ。

海自は帝国海軍の末裔を自称する伝統墨守・唯我独尊の集団であり、全てが旧帝国海軍式である。
空自は戦後にできた組織で、良い意味でも悪い意味でもアメリカナイズドされた勇猛果敢・支離滅裂な集団であり、米国式である。

一番、難しい関係なのよ・・・・汗
フツーの会社でもそういうのってあるよね?
同じ会社に努めてても、経理部門の人と、エンジニアの人がまったく意思の疎通ができないとか(笑)
実はこういうところが、一番難しい問題なのよ!
[PR]
# by dectoocth3 | 2013-07-23 22:00
転職しようと思って看護師求人の仕事を探しながら2CHに辿りついた・・・

2chも時にはマトモだ。
以下、般若心経の現代語訳。

超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。
非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、
それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。
[PR]
# by dectoocth3 | 2013-04-23 22:00

非武装中立国の末路

数多くの英霊が、食糞土人のエベンキ族の敷地内への侵入を防いでくれました。
国家転覆罪で逮捕するなり、玄界灘に沈めるなり、断固たる対応をして欲しいです。

敗戦の日に、かつて2度の非武装中立を実行した、ルクセンブルグの末路を見てみたら勉強になると思う。
世界中には、軍隊をもたない国は結構たくさんある。
なぜ軍隊をもたないのか、その理由別はおもしろい。

①周辺国が大国過ぎて、対抗できないから
 フランスとスペインの閒のアンドラ公国
 米国の命脈であるパナマ運河を持つ、パナマ

②周辺国が侵略しても、何の旨みもないから、侵略されない
 イタリアの中にある、実質、イチ都市であるサンマリノ

その中で興味を惹かれたのは、ルクセンブルグという国。
第一次世界大戦前から非武装中立を掲げて実行していたが、第一次世界大戦と第二次世界大戦と、2度も国土の全てをドイツに蹂躙されて、国民の全員が辛酸を舐めてきた。そして現在のルクセンブルグは、NATO軍の発足を各国に呼びかけるほどの、軍事国である。非武装だから侵略されないというのは、大ウソであることを、身をもって知っている国だ。
ついでにいうと、非武装のアイスランドも、第二次大戦ではあっさりとイギリスに占領されており、枢軸国だから、連合国だからというものではない。

我が日本国においても、ポツダム宣言を受け入れて、国として戦う意思を失ったとき、北方領土と外地領土を奪われた。(ポツダム宣言の受諾においては、武装解除はするけど、朝鮮と満州、台湾などの外地領土の所属は、日本国のままなのでな。)

そして戦後も、自衛隊という自国の力を持つ前に、竹島を食糞土人に奪われてしまった。自国の利益にならなければ動かない米国の態度は、ある意味、当然ではあるが。

だからこそ、自国の平和を守るのであれば、非武装中立なんかはありえない。
[PR]
# by dectoocth3 | 2001-08-08 21:59